久々にメガネ購入。 肩こりがここ最近本当にひどいので、ブルーライト低減にすがる気持ちもありつつ。

メモ

情報 内容
商品名 Air frame ULTRA + JINS PCクリアレンズ
購入日 2013/12/30
価格 9980円

何があってもプラシーボだろうけど…期待せずにしばらく使ってみて、結果はまた書こうと思います。


2013/121501:39
Acer
パソコン
タブレット
ICONIAW700

概要

前々から一台欲しかったWindowsタブレット。 再生品でお買い得だったICONIA W700を11/2に購入しました。

IMG_8434.JPG

スペック比較

現在、Windowsタブレット市場で強烈に存在感を示しているのが 安価な8型タブレットです。自分が購入したのはW700ですが、売られているのは若干スペックアップした W700-2のほうが多いので、そちらと8型タブレットを比較してみます。

ICONIA W700-2と8型Windowsタブレットを比較したスペック表
ICONIA W700-2 Miix 2 ICONIA W4-820
CPU Core i3 3227U 1.9GHz Atom Z3740 1.33GHz Atom Z3740 1.33GHz
メモリ 4GB 2GB 2GB
記憶容量 128GB 32/64GB 64GB
液晶サイズ 11.6インチ 8インチ 8インチ
液晶画素数 1920x1080 1280x800 1280x800
重量 950g 350g 415g
駆動時間 9時間 10時間 10時間(Wi-Fi通信時)
実売価格
(2013/12/15現在)
60,000円前後
中古/再生品:45000円前後〜
43,000円前後 39,000円前後

最新のAtomは高速ですが、まだIvy Bridge世代のCore i3(型番3xxx)に迫る性能とは呼べないかと思います。 こうしてみると、ICONIA W700はトレンドである8型タブレットに比べて おおよそ2倍程度のスペックと2倍以上の重さであることがわかります。 ICONIA W700は中古がそこそこ出回っているので、うまく確保できれば8型と同程度のお値段になります。

8型はいまのところ画素数が揃って1280x800なのが不満点かな。

性能

Full HDでエンコード済みの動画(H.264)再生でもまったく問題ないです。

IMG_8437.JPG

艦これもブラウザからの利用だとストレスフリーでできます。 IEコンポーネントを利用する艦これ専ブラだと画面切り替え時や画像の読み込みが少し遅くなる感じになります。 タイルUI版IEが一番おすすめです。

重さ・感触

問題はこの重さをどう捉えるかです。約1kgはPCとして既存のPCとして捉えれば普通ですが、 タブレットとして考えると異常な重さです。 少なくとも片手持ちは厳しいです。

IMG_8461.JPG

こんな感じで横持ちするとしばらくはなんとか…という感じ。 基本的には付属のスタンドか、膝上等においての利用になるかと思います。 電車内等での手持ち用途ならば8インチタブレットをおすすめします。

おすすめする用途

この端末の真価が発揮されるのは以下のどちらかかと思います。

  • ビジネスシーンでの利用
    11.6型はノートパソコンでも利用されるサイズなので、キーボードさえあれば 普通のノートパソコンになります。8型では流石に狭さを感じることも多いかと思います。 安価なUltrabookとして考えると優秀です。
  • 寝室用PC
    寝るまで適当にPCをいじる用途に最高です。 自分の環境ではNASに動画を放り込んでいるので、寝落ちするまで動画を見ています。 iPadなんかだとNASからDLNA経由でがんばってみてもうまく表示できないケースも多いので、 完全なWindowsであると便利です。 FullHDであるのも動画と相性◎です。

入手方法

僕はじゃんぱらで再生品を購入しました。

じゃんぱら-通信販売-商品検索

Amazonだと新品で少しお高いですが、用途が当てはまる方なら価格分の価値はあるかと思います。


このブログはなに?

このブログは@uskandaが物欲にまみれた生活を矯正するための記録書です。
高価な買い物を必ず記録することによって、反省と自戒を自分に促すことを目的としています。 ついでにレビューもします。

投稿ルール

私は以下のルールを順守します:

  • 10,000円(税抜)以上の品物を購入した場合、2週間以内に必ず購入報告記事を投稿します。
  • 長期利用を経なければ感想が書けない品物については、3ヶ月以内に再度レビュー記事を投稿します。
  • 10,000円未満の品物についても、生活必需品以外の初購入品は極力記事を投稿します。
  • 投稿時に購入金額を入力し、管理します。
  • 最低年一回、直近一年の購入物品を総括します。